脂性肌は皮脂の分泌量が多いのでニキビができやすいのが特徴です。油っぽいのでさっぱりした化粧水を使う傾向がありますが、脂性肌でも保湿が必要です。

肌の水分が不足すると、それを補うために皮脂の分泌が過剰になります。表面はべたついていても肌内部は乾いた状態になっています。

肌内部が乾燥するとターンオーバーが乱れて古い角質がたまり、毛穴の出口をふさいでニキビができます。脂性肌が皮脂分泌が過剰なことも加わり、さらにニキビができやすくなっています。

脂性肌の方がニキビを治すのに必要なニキビ化粧水は、保湿機能があるけどべたつかないものです。

保湿成分の代表がヒアルロン酸やセラミドですが、ヒアルロン酸とセラミドはべたつく傾向があります。植物エキスなどが肌に潤いを与え、毛穴引締め効果があるニキビ化粧水がよいです。

さっぱりしたニキビ化粧水なら、保湿をしながらも毛穴をつまらせることがありません。

乾燥肌の方が拭きとり化粧水を使うと乾燥が進行しますが、脂性肌はふき取り化粧水で余分な角質を取り除くと毛穴つまりが解消されます。

拭きとり化粧水は古い角質を取り除き肌をさっぱりさせますが、頻繁に使うと肌を傷つけるので毎日は使わないようにしましょう。

肌タイプにあったニキビ化粧水を使うことで、肌の状態がよくなりニキビが治りやすくなります。

rank