ニキビでお悩みの方、一度はニキビ用化粧水を使ったことがあると思います。

ニキビが治った方も、治らなかった方も、「ニキビ用化粧水」と、「普通の化粧水」での効果の違いが気になると思います。

普通の化粧水と比べて、ニキビ用化粧水は何が違うのでしょうか?

化粧水の役割は、主に「保湿」「肌を引き締める」などの効果があります。

肌に水分を浸透させるだけではなく、収斂作用のある化粧水で、肌や毛穴を引き締めて、汚れが入りにくくする効果もあります。

そして「ふき取り化粧水」の場合には「角質の除去」の役割もあります。

主にニキビの原因は、乾燥と毛穴につまる汚れです。

ですから、ニキビ用化粧水は普通の化粧水に比べると保湿効果が高めてあります。

そしてニキビの原因菌「アクネ菌」に作用するものもあれば、ニキビによって敏感になってしまった肌を痛めないように「ノンアルコール」のものもあります。

殺菌効果が高い化粧品で、逆に肌が荒れてしまったという場合もあるようです。

ですから、ニキビ用化粧水とはいっても、種類によってはさらに肌荒れしてしまったり、ニキビがひどくなってしまう場合もあります。

選ぶポイントとしては「肌に優しい成分」と「保湿力」を重点的にチェックして試してみるといいでしょう。

万が一肌に合わなかった場合は、すぐに使うのを中止してくださいね。